接客が与える影響

なぜ、接客で売上を上げることができるのか?
お客様の感じる価値とは?

 

お客様が「この商品を買おう」と思うのは、どんな時でしょうか?


答えは様々ありますが、共通して言えることは
その商品に対して”価値”を感じた時だと思います。

 

それでは、
”お客様の感じる価値”とは何でしょうか?

 

まず第一に、
商品自体が持っている”モノとしての価値”があります。

 

例えば、

  • ちょうど探していた大きさのバッグを見つけた
  • 欲しい色の洋服を見つけた
  • 食べたいと思っていた物が売っていた
  • 同じ物を、他のお店より安く売っていた

 

これらはすべて、
その商品の見た目や、機能、性能、価格などといった、
モノの価値を感じた部分と言えますし、
お客様にとって「買いたい」と思う条件のひとつです。

 

 

ところが、多くの企業やお店は、
より良い商品を生み出す努力していますが、
どんなに良い物商品を作っていても、
売上は比例しなくなってしまっているのが現実なのです。

 

 

現代では、世の中には良い商品が溢れています。
だからこそお客様も、良い商品だということはなんとなく分かっていても、

 

”自分にとって”どれだけの価値のある物なのか
”自分にとって”合っている(似合う)物なのか

 

こうした”自分にとって”どういう商品なのかが見えないことには、
購入にはつながりにくくなっています。

 

 

例えばあなたは、こんな経験はありませんか?


■似合わないと思っていた洋服を、
信頼する販売スタッフから”絶対似合う”とオススメされたので、
試着してみたらすごく気に入ってしまった
 
■自分には必要のない物だと思っていたが、
店員さんに「あなたのライフスタイルなら、こんな風に使えますよ」と
教えてもらったことで、その商品の、
自分の生活の中での必要性や価値を知ることができた

 

など、

お客様はヒトから受けるサービスによって、
それまでは感じることのできなかった商品に、価値を感じることができます。

 

 

つまり、ただ商品があるだけでは感じられない、
ヒトだからこそ提供できる”ヒトから感じる価値”というわけです。

 

 

このように、
ビジューライフでは、お客様の感じる価値は、
モノから感じる価値と、ヒトから感じる価値という
2つの要素があるという考え方を大事にしています。

 

 

ヒト(つまり販売スタッフ)が、
お客様の感じる価値にとって非常に重要なのです。

 

感じよく迎えてくれて、良い雰囲気のお店だと感じた
自分のことを分かってくれた
信頼できる人だと感じた
商品を使用するシーンをイメージできた
気になっていた点が解消された

 

これらは、すべてお客様が購入を決意するには重要なものですが、
どれも、モノではなく、ヒトだけが生むことのできる価値であり、
”自分にとって価値のある商品なのか”を、お客様に知っていただくきっかけとなるのです。

 

 

そして、”接客”というものは、
まさにヒトが提供する価値を高めていく唯一の技術です。

 

 

接客というお客様とのコミュニケーションの中で、
信頼関係を築くことができ、お客様の「買いたい」を引き出すこともできますし、

さらに言うと、接客次第で
お客様の感じる商品の価値は、何倍にも、何十倍にもなるのです。

 

 

近年、インターネットでのショッピングなども発展し、
より便利に、効率的に買い物ができるようになっていっていますが、
どんなに便利になっても、お客様がヒトに感じる価値の大きさは変わりません。

 

 

だからこそ、
ビジューライフでは、モノの価値だけでなく、
ヒトの価値というものをあなたの店舗に提供し、

商品の価値をよりお客様に届けるために
絶対的に必要な”接客力”を育てることで
様々な企業・店舗をサポートさせていただいています。

 

 


 

 



 

※メールは必要がなくなればいつでも配信をストップすることができます。

≪全国対応!≫ 研修・講演のご依頼・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ!